短いまつ毛を劇的に長く見せる方法

Category: まつ育に関するお役立ちコラム
短いまつ毛でも諦めるのはまだ早い!目元は顔の印象を決める大切なパーツですから、目ヂカラ溢れる魅力的な目元にしたいですね。 自まつ毛を活かす方法からプロの技術まで、まつ毛にコンプレックスを持ち続けた私が、実際にやっているまつ毛を長く見せる方法をご紹介します。

メイクなどで短いまつ毛を長く見せる

●アイライン
アイラインはまつ毛を長く見せる大切なポイントです。アイラインが影となり、奥行を演出することができます。また目じりに長く引いたアイラインは、まつ毛の先端ラインと同化することで目を大きく見せる効果があります。

●マスカラ
マスカラには繊維で長く見せるものや、ボリューム効果に優れているものなどがあります。
ロングタイプのマスカラは根本から丁寧に塗りましょう。まつ毛を太くするボリュームタイプのマスカラはダマになりやすいのでコームで整えながらつけていきましょう。

●下地やトップコート
まつ毛下地、使っていますか?マスカラをする前にまつ毛下地を使うと、塗りムラを防いでくれますので仕上がりが全然違います。
またマスカラを落としやすくするなど、メイクオフ時のダメージも軽減するため下地を使うことをおすすめします。

●ビューラー
目の形やカーブに合わせてさまざまな形状のものがありますから、自分に合ったものを見つけましょう。一カ所だけでグイっとカールさせるより、小刻みに確度を変えてカールさせることで、マスカラのフィット感も高まりより大きな目元を演出することができます。

●つけまつ毛
つけまつ毛も短いまつ毛をセルフで長く見せることができる有効的なアイテムです。カールや長さが控えめでナチュラルなタイプもありますから、ハデになりすぎる心配はありません。
ただ、着ける時外す時の手間がかかるため、忙しい人には向いていないかもしれません。

プロの技術で長く見せる!

●マツエク
まつ毛のエクステ、つまり付け毛です。カールの種類や太さなど、好みや悩みに合わせて選ぶことができます。
シルクやミンクなどの毛質を選び、カールと長さ、太さを選びます。人気があるのはJカールやCカールなど適度なカール。ナチュラルなのですっぴん時も違和感がありません。長さや太さは盛りすぎると、重さでカールが維持できなかったり、取れやすくなったりしますので、目の形状やまぶたの状態に合わせて、サロンで相談しながら決めるといいでしょう。

●まつ毛パーマ
まつ毛パーマは自まつ毛に直接パーマをかけていく手法です。マツエクより手軽でナチュラルに仕上がりますが、まつ毛に直接パーマをかけるので、薬剤によるダメージを受けます。
ボリュームや長さを出したい人はマツエク、ビューラー不要など毎日のメイクを楽にしたい人はまつ毛パーマがおすすめです。

まつ毛ケアも忘れずに

長く美しいまつ毛をキープしていく上で欠かせないのがまつ毛ケアです。
自まつ毛がダメージでスカスカだったり、ダメージが深く蓄積していることで、マツエクやパーマができなくなることもあります。
また、まぶたなど目元の肌の状態が整っていないと、まつ毛へ必要な栄養が届かず悪影響を与えますので、まつ毛だけでなく目元全体を乾燥やダメージから守るため、保湿や血行促進などのアイケアを継続しましょう。

まつ毛美容液で短いまつ毛を長く育てる

手軽にまつ毛ケア、目元ケアできるアイテムとしておすすめなのはまつ毛美容液です。
ロング効果に優れているもの、ボリュームがアップするもの、またハリやコシが出て健康的で丈夫なまつ毛に育ててくれるもの、その特徴はさまざまです。
海外の製品は効果を感じやすいものもあり、私自身飛びつきましたが、日本の薬事法で認められていない成分など副作用に注意しないと、かぶれや色素沈着を起こすものもありますので注意しましょう。
まつ毛美容液のメリットは、毎日手軽に簡単にまつ毛ケアできるという点です。
短いまつ毛を長く見せるためのメイクやマツエクなどの施術は、まつ毛にダメージを与えることになりますから、同時にケアにも継続して行うことでスカスカまつ毛や抜け毛お防ぐことができます。

短いまつ毛もメイクや正しいケアで
長くすることができます

私自身も昔から短いまつ毛がコンプレックスで、少しでも長く見せる方法を試行錯誤してきました。
メイクだけでなく最近ではマツエクやまつ毛パーマも一般的になり、プロの手を借りて短いまつ毛を変身させることも可能です。
ただしマツエクやパーマはやりすぎると自まつ毛にダメージを与えてスカスカになってしまうことも…。まつ毛を長く見せるための手段を講じながらも、まつ毛美容液などで同時にケアすることなど自まつ毛へのダメージを軽減しましょう。