一重まぶたをパッチリに!必見のアイメイク術を紹介

Category:
表情豊が豊かで笑顔が素敵な人は、老若男女問わず人気がありますよね。 特別な美男美女でなくても、素直な笑顔はその人の内面的な魅力を引き出してくれます。 人の顔を印象づけるパーツがまぶたを含めた目元。 まぶたは一般的に一重と二重に分けられますが、同じ一重でも人によってそれぞれ個性があります。 アジアンビューティなんていう言葉もあるように、クールな目元は日本人に多いとされている特徴の一つでもあります。 今回は、オシャレ女子の悩みの中でも大きなウエイトをしめている、一重まぶたをより魅力的に見せるアイメイク術について詳しく紹介します。 一重にコンプレックスを感じて積極的になれないなんてもったいないことですよ。

一重の種類は

人のまぶたの種類は、大きく分けると一重と二重に分けられます。
二重はそのまぶたの重なり方の違いで目元の印象が大きく変わってきますが、それは一重も同じことです。
一口に一重と言っても、涼しげな印象でまぶたの肉の厚さがあまりないタイプと、まぶたに厚みがありアイホールの凹凸が分かり難いタイプがあります。
スッキリタイプとボリュームタイプのどちらもアジア人に多いといわれていて、日本人の特徴の一つとして海外では人気があるとされています。
外国人にとっては魅力的に見える一重まぶたも、一重の女性にとってはコンプレックスに感じる部分。
一重の悩みに多いのが、目が小さく見える、目が腫れぼったい、顔全体が寂しく見えるなどが挙げられますが、一重を魅力的に見せるアイメイクなら寂しくなりがちな顔の印象をワンランク明るくしてくれます。

アイシャドーのカラー選びがポイント

アイメイクは、その時のファッションやメイクのイメージ、流行などによって選ぶカラーを変えるというのが一般的ですが、選ぶカラーを間違えるとイメージダウンを招くこともあります。
また、自分の好きな色だからと言ってそれを選んでも、それが似合うかどうかは別の話。
同じアイメイクでも、一重のアイメイクで重要となるのがアイシャドーです。
選ぶカラーはベージュやブラウンを中心にすることがポイントですが、濃い色を選ぶことも無難な方法。
また、まぶたに塗っていく場合はグラディーションを意識することも重要なポイントとなります。
眉毛側からまつ毛側に向かって、ハイライト、ライトカラー、ダークカラー、アイライナーの順にするとパッチリな目ができ上がります。
また、下まぶたにもシャドーを入れると目の縦幅を広く見せてくれますので、これも涼やかな目を可愛い目に変身させるテクニックの一つです。
最後は、ダークカラーで締めると技ありの綺麗な仕上がりとなります。

アイラインの引き方にテクニックあり

ごく一般的なアイメイクでは、どうしても目力が足りず寂しい印象になりがちなのが一重まぶた。
一重をパッチリな目に見せる際のテクニックとして、最も重要となるのがアイライナー。
スッキリまぶたをクールに見せたいなら、自分の一重を際立たせてくれるようにアイラインを細く入れるのがコツです。
あえて太く強調せず、ラインを引き抜くイメージでスーッと描くことでより魅力的な目に仕上がります。
また、アイラインを濃い目に上げて描くことで、クールな目がより際立ちますので、一重美人に変身することも可能です。
更に、ふんわりと可愛い目にしたいなら、最初にライトなブラウンを塗った後に太めのブラウンのアイラインを引いて陰影をつけるのも一つの方法。
一重は、目を開いた時にせっかくのアイシャドーが見えなくなりがちなのが悩みの種です。
そうなってしまってはアイメイクの意味がありませんので、目を開いた時の印象を確認しながら行いましょう。

アイホールを意識する

一重のアイメイクをより魅力的に見せるなら、「アイホール」を意識してしっかりと把握してから行うこともテクニックの一つ。
アイホールは、アイメイクをする際に美しく仕上げるための重要な部分です。
目頭と目尻を半円状に結んだ部分で、目の膨らみ全体と考えても良いでしょう。
アイシャドーを塗る際には、この部分を意識して全体に塗り広げるようにすることで、バランスや仕上がりがグンとアップします。
特に、一重の場合は塗った部分が目を開けると見えなくなりがちですので、アイホールを意識して広くなり過ぎない程度に広げましょう。
また、最初にアイホール全体にハイライトを塗っておくこともおすすめ。
まぶたのくすみが無くなって、より美しい目元ができ上がります。

一重まぶたのもう一つの悩みとしては、まつげが上がり難いということ。
重いまぶたが邪魔をして、せっかく綺麗にアップさせたまつ毛が下がってきてしまったなんていう経験がある女子も少なくないのでは。
そんな時には、ビューラーを2回かけることの他に、ホットビューラーを使用するとキープ時間が長くなりおすすめ。
まつ毛美容液などのアイテムを上手に使用して、まつ毛ケアをして強くしておくことも忘れないようにしましょう。

アイメイクを引き立てるアイテム選びも重要

一重まぶたのメイクは、大きくパッチリとした目だけに意識が向きがち。
しかし、その他の部分を疎かにすると、メイクが邪魔をしてバランスが取れないなんてことにも。
そうならないためには、せっかく作った綺麗な目力を活かすチークやリップ選びも大切になります。
アイシャドーに合わせた、カラーをチョイスすることは勿論のこと、パウダーチークを使うことで肌の美しさを際立たせ、肌に柔らかさが生まれます。
また、一重の場合はアイシャドーに暖色系のカラーを使用すると余計に腫れぼったさが強調されてしまいますので、暖色系を使った場合は濃い目のポイントカラーを使うことで目元が引き締まります。
その際は、目尻の3分の1の部分に乗せるのがコツです。

パッチリアイメイクでクールビューティ―を目指そう

一重まぶたのアイメイクは、まつ毛を上げて太めのアイラインがメイクの基本。
目尻は、上げるとよりクールに下げると可愛く演出できます。
また、ブラウンシャドウを上手く重ねることと、広めに塗り広げることもポイントです。
その際に、ダークカラーアイシャドーをポイント使いにすることもおすすめで、まぶたがスッキリして綺麗に仕上がります。
下側のまぶたにもダークブラウンのシャドウ―を乗せると、もう完璧なクールビューティーのでき上がり。
世界の中でも美しいと評される涼しく優しい印象の一重まぶた。
多彩なメイクアイテムを駆使して、一重の魅力を引き出すアイメイクテクニックの基本をマスターしておくことで自身にも繋がります。
また、まつ毛美容液などを利用して、まつ毛の育毛やまぶたのコンディションと整えておくことも、美しい目元を作るためには大切なことです。
一重まぶたを武器に、魅力のクールビューティーを目指しましょう。